熊本県山都町の白糸台地は、江戸時代に深刻な水不足に悩まされていた。周囲を深い谷に阻まれているため、十分な農業用水を得ることができず、生活は困窮。そんな中、当時の庄屋・布田保之助は何とか民を救いたいとの思いから、前代未聞の水が通る石橋「通潤橋」を建設する。今までにないこの橋の建設は、地区を挙げての一大事業となった。

漫画一覧に戻る