熊本県山都町の白糸台地は、江戸時代に深刻な水不足に悩まされていた。周囲を深い谷に阻まれているため、十分な農業用水を得ることができず、生活は困窮。そんな中、当時の庄屋・布田保之助は何とか民を救いたいとの思いから、前代未聞の水が通る石橋「通潤橋」を建設する。今までにないこの橋の建設は、地区を挙げての一大事業となった。

 

**知られざる偉人・文化情報募集中!**
本サイトでは常時、あなたの町の「知られざる偉人・文化」の情報をお待ちしております!
今後のマンガ制作の参考とさせていただいますので、ぜひ情報をお寄せください。
(いただいた情報の採否・掲載日のお知らせは、本サイトへのアップをもって代えさせていただきます)

▼投稿はお問い合わせフォームよりお願いいたします
https://kyusyu-manga.azusashoin.com/contact/

 

**拡散をお願いします!**
知られざる偉人・文化ものがたりをたくさんの方に知っていただけるよう、よかったらぜひシェアやいいね!をよろしくお願いいたします!

反響が多い偉人は、続編や単行本化もあるかも?!

▼拡散は下記の各種シェアボタンよりお願いいたします

漫画一覧に戻る